エストロゲンが増えると乳がんになるの?

乳がんのブログや記事を読んでいると、乳がんにはホルモン系の乳がんや遺伝系の乳がんなど色々なタイプが存在することが分かっています。ホルモン系で乳がんになるということは、何かのホルモンが影響しているから乳がんにある訳ですよね。

 

そこで一番考えられるのが、エストロゲンです。エストロゲンは女性特有のホルモンなので、このエストロゲンが乳がんと関係しているかもしれません。ここでは、エストロゲンについて乳がんと何か関係があるのかご紹介いたします。

 

エストロゲンは乳がんを発症する?

では、早速エストロゲンは乳がんを発症してしまうのか説明いたします。このエストロゲンと乳がんの関係については、2003年に厚生労働省が発表しています。その研究結果によると、エストロゲンの分泌が長期間になればなる程、乳がんになる危険性が高くなるというものでした。

 

では、エストロゲンの分泌が長く続く人とはどのような人が考えられるのかというと、出産経験がなかったり、母乳での授乳経験がなかったり、初潮年齢が低い場合などが上げられます。

 

妊娠すると十月十日は生理が来ませんし、その後母乳育児を始めると断乳するまでしっかりとした生理はありませんので、エストロゲンの分泌が増えることはありません。また、初潮が遅ければ遅い程、生理を向える回数も少なくて済むのでエストロゲンの分泌は少なくて済みますね!

大豆イソフラボンは乳がんを低下させる

では、乳がんのリスクが少なくなるものは何かないのかと探すと、大豆イソフラボンが存在します。大豆イソフラボンといえば、エストロゲンに似た作用をすることが分かっていますが、この大豆イソフラボンには乳がんのリスクを下げる働きがあるのです。

 

では、気になるのはこの大豆イソフラボンはどんな食べ物に含まれているのかということですよね。大豆イソフラボンが多く含まれているものには、豆腐や味噌、納豆などがあげられます。どれもスーパーに行くと並んでいるものばかりですので、積極的に摂取していきたいものですね。

 

でも、このように「乳がんになるかもしれない!ならないかもしれない!」と心配しながら食べ物を摂取するのも面倒くさいですよね。もしもエストロゲンを増やして胸を大きくしたいとか女性らしい体型にしたい場合には、補正下着を着用してみることをおすすめします。今だとクリスチャンマリアという補正下着がおすすめですよ!

エストロゲンと乳がんの関係に関するまとめ

エストロゲンは乳がんと何か関係があるのかというと、エストロゲンが長い状態になると乳がんになる可能性があることがわかりました。では、エストロゲンで長期間続く場合にはどのようなことが考えられるのかというと、出産経験がなかったり、授乳経験がなかったり、初潮が早いといったことが考えられます。

 

では、乳がんの発生を抑制することが出来る食べ物は何かないのかというと、大豆イソフラボンが乳がんの発生を抑制することが分かりました。