エストロゲンが増加するのは生理の前?

生理になったり排卵したりしていると、敏感な体の人だと体調が色々と変化しますよね。排卵の前になると腹痛がしたり、生理の前になると食欲が増したりと色々ありますが、これはエストロゲンというホルモンが関係している場合があります。

 

このエストロゲンという言葉、女性なら一度は聞いたことがある言葉だと思いますが、子供を授かるためにはとても必要なホルモンになります。では、そんなエストロゲンと生理の関係ってどんな関係があるのでしょうか?ここでは、エストロゲンについて生理周期との関係を詳しくご紹介いたします。

 

エストロゲンが増えるのは生理の前?

では、早速タイトルにもなっているエストロゲンが増える時は一ヶ月を通していつなのかご説明いたします。エストロゲンが一番一ヶ月内で増える時は、排卵前になります。そして、排卵したと共にエストロゲンの数は急降下していきます。つまり、生理の前というか、排卵前になりますので、正確な生理周期の方ですと大体生理から数えて2週間くらい前がエストロゲンの最大量になるという計算になりますね。

エストロゲンが排卵期に増える原因

では、どうしてエストロゲンは排卵の時に一番多く増えるのでしょうか?この理由は、赤ちゃんをちゃんと育てるための準備期間ととても深い関わりがあります。

 

エストロゲンには、子宮内の厚さを厚くして、よりふかふかにし、受精卵がきちんと着床しやすいような状態にする働きがあるのです。逆を言えば、エストロゲンが排卵期にしっかりと分泌されないと子宮内膜も厚くなることが出来ないので、せっかく受精した卵があったとしても、ちゃんとふかふかの子宮に着床せず、生理として流れてしまうという訳です。

エストロゲンを増やす為に必要なこと

エストロゲンは生理の2週間くらい前に一番多くなり、エストロゲンの分泌がこの時に多くないと受精卵を上手く着床させることが出来ないということが分かりましたね。では、エストロゲンをきちんと毎月定期的に増やす方法はどんなことに気を付ければいいのかというと、一番大切なことに生活習慣を改善するということがあります。

 

例えば、睡眠不足になっていたり、食生活が乱れているとエストロゲンの分泌も上手く分泌されません。そのため、生活習慣を正すことで、エストロゲンをしっかりと分泌する手助けになるのです。

エストロゲンと生理についてのまとめ

エストロゲンは生理よりも前に来るのか後に来るのかというと、生理よりも2週間くらい前にエストロゲンの分泌は多くなることが分かりました。詳しく説明すると、排卵する前が一番エストロゲンの量が増えるということでした。

 

では、どうしてエストロゲンは排卵前が一番ピークなのかというと、エストロゲンには受精卵を着床しやすいようにする働きがあるからでした。どうやってエストロゲンが受精卵を着床しやすくしてくれるのかというと、子宮内膜を厚く、ふかふかの状態にしてくれるということが分かりました。