胸の形をきれいにするならコレ!

胸の形がきれいな人って服を着ているとよく分かりますよね。そもそも、胸の形をよくする為には胸がある程度はないといけないのですが・・・。ある程度の胸があって形もきれいでって本当に理想ですよね。

 

でも、この理想の胸のきれいな形って結構簡単に作る方法があるのです。継続して毎日行うことが必要ですが、お金をかけなくても行うことが出来る方法は沢山あります。ここでは、胸を大きくする方法の中でもある程度の胸を作って胸の形をきれいにする方法をご紹介いたします。

 

胸の形をきれいにする簡単な方法

エステなど、お金を沢山払って胸の形をきれいにすることも出来ますが、出来ることならそのお金は他の部分に使いたいという人の方が多いですよね。ここでは、お金をかけずに胸の形をきれいにする方法をご紹介いたします。

姿勢を正す

胸にハリを持たせるためには、胸の上の方にあるクーパー靱帯と呼ばれている所を切らないようにすることが大切です。このクーパー靱帯は、一度切れてしまうと二度と元に戻らないのできれいな胸を作るためにはとても大切です。

 

そして、このクーパー靱帯をきらないようにするためには、出来るだけ前かがみの姿勢は行わないことが必須です。そのため、毎日の姿勢をよくすることで、ハリのある胸にすることが出来ます。

マッサージを行う

特に、お風呂時のリンパの流れがよくなっている時に行うとより効果が高いです。胸を大きくするマッサージや、離れ乳を改善するマッサージなどがあります。マッサージを行うのが面倒くさいという時には、両腕を前後にグルグルと回して最後に背中やお腹などの脂肪になっている所を胸まで寄せて押し上げるだけでも効果はありますよ。

ツボを押す


胸を大きくするツボ、胸にハリを与えるツボなど色々なツボが胸にはあります。だん中やてんけいは胸の形をよくしたりバストアップをする上で代表的なツボになりますので是非抑えておきたいですね。

  • だん中→乳首のラインの中央に位置します。抑えると痛みがありますので分かりやすいです。
  • てんけい→乳首の位置から外に向かった脇らへんにあります。丁度骨と骨の間にあり、抑えると軽い痛みのある場所です。

体操をする

体操の中でも腕立て伏せは特に胸の形がきれいになるように大胸筋を鍛えてくれますので効果大です。1日15〜20回くらい行うと効果がありますよ。

 

以上が胸の形をきれいにする方法です。何もお金はいりませんし簡単ですので行ってみてくださいね。

胸の形をきれいにする方法のまとめ

胸の形をきれいにする方法としては、姿勢を正したり、マッサージをしたり、ツボを押したり、体操したりと色々な方法があることが分かりました。

 

この全ての方法は、1日や2日では効果はありませんので、継続して毎日行うようにしましょう。お金もかかりませんし、簡単ですので、1日10分〜15分くらいの時間で終了することが出来るはずですよ!是非行ってみてくださいね。