胸の盛り方で見た目が変わる?

胸の盛り方1つで、スタイルってうんとよくなるのです。特に体にフィットした服を着用する時には、胸の盛り方1つですごくスタイルの良い悪しが決まります。でも、胸の盛り方ってどんな盛り方があるのでしょうか?

 

無理矢理胸を盛ると何だかいびつな胸になってしまいそうですし、どうしたら上手に盛ることが出来るのでしょうか?ここでは、胸を大きくする方法について胸の盛り方をご紹介いたします。

 

胸の盛り方は色々ある!

胸の盛り方って、どんなものを使ってどのようにいたら上手く盛れるのでしょうか?早速見ていきましょう。

ヌーブラを使う!

ヌーブラはシリコンタイプのものを使うと一番バレにくいです。また、一番胸にフィットするのもヌーブラなので結構おすすめです。

 

ヌーブラを使う時には、前ホックが付いているものがいいですが、前ホックが上手く普通のブラジャーで隠せない場合がありますので、出来るなら試着をした方がいいですね。

テープを使う!

テープは薬局やドラッグストアに販売しているような皮膚に直接貼り付けてもいい医薬品のテープを使いましょう。テープまはた、広幅のテープを使うことをおすすめします。

 

直接肌につけるので、何か固形物が入っている違和感がないことが一番のメリットです。そのため、運動をする人や手をよく使う人にはこちらの方法がおすすめです。

プールの時にはビキニで盛る!

プールに行くとどうしてもバレてしまうことってありますよね。そんな時には、ビキニを重ねて着る方法があります。もちろん、同じサイズのビキニを2つ重ねるとすぐにばれてしまいますので、一番初めに着るビキニは最小限の大きさのビキニにしておく必要があります。

ヌーブラビーチを使う!

ヌーブラビーチを使えば、自分の胸を寄せることもできますし、肌のフィット感があるのでプールや海では大活躍をします。ヌーブラビーチには色々な種類があり、大きめの胸の人が使いたい場合はヌーブラビーチエアー、小さめの胸の人が使いたい場合はヌーブラビーチプラス、誰にでも分かるように盛りたい方にはヌーブラビーチフルを使うとよいですよ!

 

このように胸の盛り方には色々な盛り方があります。一番安めに仕上がる盛り方はやはりテープですね。テープは医薬品を使えば肌が荒れることはほとんどありませんが、肌が弱い人は長時間つけないようにすることをおすすめします。

胸の盛り方についてのまとめ

胸の盛り方には、簡単な盛り方があることが分かりました。どんな簡単な盛り方なのかというと、「ヌーブラを使う」「テープを使う」「ビキニを重ねる」「ヌーブラビーチを使う」という方法がありました。

 

どれも簡単にできる方法なので、是非試してみてくださいね。しかし、テープの場合は手をよく使う人にはおすすめですが、肌が弱い人は長時間つけていると肌が荒れてしまう可能性もあります。医療用のテープなのであまり危険性は高くないですが、長い時間テープはつけないようにすることをおすすめします。